スイマー自身が事故につながる要因

スイマー自身が事故につながる要因


スイマー自身が事故につながる要因;

OWSのリスクマネジメント:03

① 理解不足: 本人自身が事前説明などで聞いた最新情報や危険回避方法などを理解せずに事故につながる

② 注意・用心不足: 練習不足にもかかわらず現状の水泳能力を超えて3kmなどの長距離に安易に出場することによって無理が生じ事故につながる

③ 疲労・体調不良: 忙しさで寝不足だったり、ストレスが溜まったりした状態でレース当日を迎えその結果事故につながる