スピードVSストローク効率

スピードVSストローク効率


スピードVSストローク効率について

「推進力」と「抵抗力」は相反する関係で、水中で争われる水泳は推進力を上げる為にスピードを増すと、同時にその力が抵抗力を生む結果になる。

 

年齢を経て40代・50代そして60代となってゆくと当然、筋力も衰え、若いときほどの力を出してスピードを上げて泳ぐことは出来なくなってくる。

 

そこで視点をちょっと変えてみてはいかが?

「力でぐいぐい泳ぎスピードを上げる」ことから「リラックスしてストロークの効率を上げる」ことを考えてみませんか?それのほうがずっと効果的だと思うのです。

 

ストローク効率には2つの要素がある

ひとつは「いかに体が沈むのを防ぐか・沈みにくいようにするか」

もうひとつは「ひとかき・ひとかきのストロークを改善して効率のよいストロークをおこなうこと」

 

それによってスピードを10%増すよりは、貴方のからだの姿勢とストロークの効率を10%上げるほうが楽。負荷もかからず心臓にもあまり負担のかからないストローク効率を考えた泳ぎをしてゆきましょう。

 

何も考えずにガムシャラに泳いでいたあなたから、もっとスムーズにきれいに華麗に・優雅に・リラックスして泳ぐことに変身してみたらどう?

 

そのコツはといえば;

「基本はストリームラインをしっかりと作り上げ、スイムボディポジションを確立すること」それによって「からだの沈み」を防ぐことが可能になります。

抵抗を10%マイナスするだけで逆に10%スピードをつけたことになるのです。

 

もうひとつはストロークの効率です。「ディスタンス・パー・ストロークDistance per stroke」といってひとつひとつのかき(エントリー・キャッチ・プル・プッシュ)を少しでも長い距離をかくことによって得られるスピード。

10%ストローク効率を増せば、その分確実にスピードもアップする。

それも心拍数も以前より上げずに。

無駄な筋力を使って疲労し、心臓にも負担をかけるよりはリラックスしてスイスイというイメージで泳ぐ事にチャレンジしてみませんか。きっと貴方の“あたらしい発見”があると思う。

 

参考資料:Speed VS Stroke Efficiency