レース

レース


レース

スタート

A:どの位置からスタートするかを決める。集団の先頭なのか・真ん中なのかあるいは最後尾なのか。速い選手ならば集団の先頭に並ぶ。どのポジションを取るかを即決する。もし不安があったり、自信がなければ集団の真ん中か安全を考えて最後尾から泳ぐスペースを見つけながら泳げ。スタートは必ずといっていいほどバトルとなり、けったり、殴ったりする状態になり怪我の危険も出てくるものなのである。もしそれを避けたいならサイドに並ぶといい。

○リラックスして落ち着くこと。(それでもカウントダウンが始まるとつい興奮してしまうものだ)

○あらかじめ定めた目標物を思い起こしてみる

○ドリル練習で学んだすべてのテクニックを駆使せよ。

○ゴーグルが外れる不安があればゴーグルの上からスイムキャップをかぶる癖をつけろ。

B:ウオームアップ時に確認したことを思い起こせ。もしカレントがあるならそれにあわせて有利なポジションを取ること。カレントは抵抗にはなるがまた大きな力にもなるのである。できる限り頭を使って、カレントを利用しろ。

C:もしウエーブがあるならどちらに呼吸をするかを決めておけ。ウエーブのあるところでは水を飲みがちになるもの。その場合ウエーブがどの方向に打ち付けてくるのかをしっかりと見てタイミングを計って呼吸することだ。浅瀬を泳いでいるときはビーチ側に向けて呼吸をするといい。もしウエーブにむかって泳ぐときにはウエーブの最下部ではなく最上部に来た時に呼吸をすべし。