冬場でのプールトレーニングでライバルに差をつける

冬場でのプールトレーニングでライバルに差をつける


冬場のプールトレーニングでライバルに差をつけよう。
泳力レベルはひとそれぞれ十人十色です。自分にあったトレーニングメニューを作成してください。
オープンウオーターで長時間安定した泳ぎを行うには;
① ストリームライン
② 身体のローリング
③ 4つの水中動作(エントリー・キャッチ・プル・プッシュ)
練習について;<解説>
① 練習時には必ずペースクロックを利用してトレーニングをおこなうこと。自分のパフォーマンスを比較し・確認する手段として一番有効である。
② 心理学的な行動として「人間はがんばろうとするとつい筋肉に緊張が走る、そしてひとつの部分が他の部分にも影響を及ぼし結果として力みすぎて結果がだせない。特に水泳で重要なことはなるべく全身を常にリラックスさせるようにこころがけること。筋肉に余分な力が入ることによって、抵抗を生み・身体がしずみスピードが鈍る。とにかく練習の時はなるべく楽にリラックスさせて泳ぎこと。それが効果的なかきを生み、速く・スムーズにそしてパワフルな力を生み出すのです。

作成:JIOWSA 無断転載を禁じます。
次からトレーニングメニューのサンプルを紹介してゆきます。タイムや距離を自分に合った無理ないものにしてチャレンジしてみてください。