第三段階:前向き思考法

第三段階:前向き思考法


結果ではなくスイムに焦点をあわせろ;

レースを待っている間、あまり結果ばかり気にするのではなく、とにかく自分のスイムに焦点を当ててどんな泳ぎをするかを考えることに専念しよう。

どんな状況においても常に自分がどう泳ぐかにフォーカスせよ。自分をコントロールすることによってはじめて結果がついてくる。

第三段階:前向き思考法

はっきりしないことにいちいち悩むな;

当然自分には勝つ能力があると信じること。そんな期待がなければ自分自身をも否定し、挑戦することさえできなくなる。本当に勝てると信じることが勝利を呼び込むことにもなるのだ。自分を信じることはできる。だってあなたの能力を疑う理由などひとつもないのだから。これはできない・達成できない思い込む根拠などヒトツもないのだから。

オープンウオータースイミングの魅力はレースが終わってみないとわからないということ。なにが起こるかわからない・予測がつきにくい。タイムがただ速い者だけが勝つのではない。不確定要素が多いからこそ逆にチャンスもあるということ。

ポジテイブについてよく考えてみよう;

ポジテイブについてよく理解し、あなた自身を信じる癖をつけよう。

「あなたはうまくゆく・それだけの能力があるのだから」というふうに思考しよう。

すべて肯定的にものを考え、“このビッグチャレンジを楽しんでみよう”“プレッシャーがかかった時こそ俺の本領が発揮されるのだ”“やればできる”そのような考え方が持続できる向上心へのドアを開けることになる。

出来ると思え;

速く泳ぐ能力があると思うことだけではダメで自分に「速く泳ぐのだ」という強い意思を持たせること。ゴールを達成するにおいてあなたの能力をより引き出すために