オープンウォーターでのフリーの3要素

オープンウォーターでのフリーの3要素


オープンウォータースイミングでのフリースタイルの3要素。

1)スピード Speed

2)効率性 Efficiency

3)耐久性(持続性)Endurance

オープンウォータースイミングといっても距離や時間によってどれが重要かは異なります。

5kmくらいまではスピードが要求されますし、5km~10kmくらいまではスピードよりも、むしろストロークの効率性が重要視され、海峡横断やマラソンスイミングなどではいかに長時間ペースを守り通せるかという耐久性が条件となってきます。

スピードについてはまず自分のストローク数を知ることが重要です。1分間でどれくらいストロークをするのかを確認してみて。プール競技などでのスイムと違い、OWSでは距離を長く泳がなくてはならないので200mや400mのペースで泳ぐことは無理です。理想は1500mをプールで泳ぐときのストローク数で継続できることがいいと思いますが、各スイマーによってストローク数が異なるのでプールで自分のストロー数をカウントし、そのペースがどれくらいなのかを確認することから始めてください。平均では1分間で40~70ストロークが妥当です。(海などでは波などの条件によって異なるし、泳力や男女差などによって異なります)

効率性ではいかにエネルギー消費を抑えて泳げるかが勝負。

(効率的なストロークをおこなうための5つの事柄)

ボデイポジション Body Position

ボデイロール Body Roll

アームプル Arm Pull

キック Kicking

呼吸パターン Breathing Pattern

耐久性(持続性)をつけるには個人の身体的能力にもよるが、やはり連続して長い距離を泳ぐ能力を養成することと同時に同じペースをくずさずにそれだけ長時間そのペースが持続できるかを身につけること。これには定期的に目標を決めて練習をすることが絶対条件となります。

その練習は;3kmのレースに出場するならば約15%増し(OWSではあらかじめ接待された距離よりも平均で15%以上は多く泳ぐことになる)の距離を連続して泳げるかをトライして自信をつけて下さい。

Open Water Swimming by Penny Lee Deanから一部抜粋